今年のGWも中条・虫倉山開山祭へ行ってきました!

毎年恒例の長野・中条の虫倉山開山祭&となりの村の道めぐりの「正法寺会場」でのお手伝いに行ってきました!
早朝に都内を出発したのにもかかわらず渋滞にはまってしまい、ここ8年くらいお手伝いをしていますが初めてお祭りに遅れてしまい到着したのが12時半すぎ。。。ggの軽トラshopを目指してきていただいた方もいたと聞いて、申し訳ありませんでした。来年は前乗りかしら…。

2時間くらいしかgg軽トラshopをOPENできなかったので、今年はこじんまりと出店。お手伝いは「おやき」、「おぶっこ」、「山菜の天ぷら」作りを体験。東京から初めて参加した友人たちも最後にはおやき名人からOKをいただくほど上手にできるようになったとか。そして、今年は男手も少なく大きなテントをたたむのも大変な作業。手伝いに興味のある方は是非「正法寺会場」で声をかけていただけたら嬉しいです。

IMG_5979

IMG_5896-2

IMG_5903-2

翌日は大内山神社の杉の木に会いに行き、絶景の菜の花畑を見に。えみこおばちゃんのご飯も美味しく、味噌作りバスツアーの講師を務める静子さんにも会えて1泊2日と短い時間でしたが、久々の中条に癒された旅となりました。あまりに嬉しすぎて一人5時に起きて散歩をして周り、お花の咲く前と後を見たり生命力あふれる里山を感じました。

IMG_6026

IMG_6004

今年の味噌作りバスツアーの宿泊では民泊もあるようです。里山の暮らしを体験したい方や交流したい方は是非参加ください!詳細はこちらのサイトをご覧ください。(問い合わせ先:中条支所内・中条サポーター「よ~いとプロジェクト」事務局 Tel:026-268-3001 Mail:nakajo@city.nagano.lg.jp)

よーいと時間_2017-0502NEW


「本当の手前味噌を作ろう!の旅」第4回が開催されました!

ご無沙汰しております。すっかり春が近づいてきましたね。
冬真っ盛りの先月2月に中条サポーター・よ〜いとプロジェクトの味噌作りバスツアー
「本当の手前味噌を作ろう!の旅」
の締めくくりである第4回目のバスツアーが開催されました。
今回は雪の降り積もる真っ白な里山へ、東京駅から一直線にバスが走りました。
味噌作りの他には、お豆腐作りや石臼で挽いて作るきな粉、杵と臼でつくお餅など
いろいろな体験をすることができました。そんなツアーの様子はバスガイドの吾郷さんが書いている
ブログがありますので、そちらをぜひご覧ください!
2月に仕込んだ味噌は夏頃には食べられるそうです。
夏野菜のきゅうりと一緒に食べたら格別でしょうね〜〜〜。

今年の「本当の手前味噌を作ろう!の旅」の夏の回では、2月に仕込んだ味噌が食べられるとか。
2017年度も「本当の手前味噌を作ろう!の旅」は企画されていますので是非ご参加下さい。

yoito_vol04_01

yoito_vol04_02

バスツアーやサポーター登録にご興味ある方はこちら↓へ。

「中条サポーター・よ~いとプロジェクト」事務局
TEL:026-268-3001 / FAX:026-268-3931
メール:nakajo@city.nagano.lg.jp


「本当の手前味噌を作ろう!の旅」第三回バスツアー開催!

いよいよ収穫の秋となりました!今回で3回目となる中条サポーター・よ〜いとプロジェクトの
バスツアー「本当の手前味噌を作ろう!の旅」の募集が行われています。
今回の開催日は、10月29日(土)ー30日(日)。東京駅から一直線に秋の中条へとバスが走ります。
春に植えた大豆を収穫し、脱穀作業をおこなう予定です。

味噌作りのワークショップは都内でも開催されていますが、畑で育てた大豆を収穫し
仕込むまでを年4回かけておこなう貴重な「本当の手前味噌作り」に是非ご参加いください!
前回の第2回目のバスツアーの様子が公式サイトにアップされています。こちらもご覧ください。

yoito_vol03_01

yoito_vol03_02

バスツアーの参加申込&詳細はこちら↓へ。

「中条サポーター・よ~いとプロジェクト」事務局
TEL:026-268-3001 / FAX:026-268-3931
メール:nakajo@city.nagano.lg.jp


中条のファンを増やそうとプロジェクトがスタート!

中条のサポーター(ファン)を増やそうとスタートした「長野きらめき事業」のひとつ中条サポーター・よ〜いとプロジェクトの公式サイト「よ〜いと時間」がOPENしています。ここでは、今年のバスツアー「本当の手前味噌を作ろう!の旅」の紹介や報告などもしていきます。季節ごとに分かるイベントなどもあり、ぜひチェクしてください。

そして、第二回のバスツアー募集がスタートしています。ご興味ある方はぜひ!
今回は夏らしく「枝豆収穫とジビエバーベキュー」です。

yoito_vol02_01

yoito_vol02_02

ツアー参加の詳細はこちら↓までお問い合わせください。

「中条サポーター・よ~いとプロジェクト」事務局
TEL:026-268-300 / FAX:026-268-3931
メール:nakajo@city.nagano.lg.jp


東京から長野・中条まで一直線!バスツアー開催決定

IMG_2204-2
ついに「バスツアー企画」が開催されることになりました!!これは、中条の支所と
住民自治協議会の方々が昨年から企画していたもので、「長野きらめき事業」のひとつとして
長野市から認定されています。 中条の風景や暮らしを四季を通して体験することができる
お得なバスツアーで、今年は春にまいた豆を育て、夏にはちょっとバーベキュー!(笑)
そして秋に収穫し、冬に「手前味噌」を仕込むという
年間を通してどんな風に味噌が作られているかを学びながら里山の暮らしも体験出来る
そんなツアーです。ggも少しお手伝いしています。

講師は、念仏寺・BaBaの家のご近所で「お味噌の達人・滝沢静子さん」です。
NHKの「キッチンが走る」でも取材された静子さんお手製味噌を使ったまめったい汁は絶品です。
静子さんは毎年自分で育てた豆を使い、お味噌を仕込んでいます。
「お味噌は面白い、1年熟成、2年熟成、3年熟成で全く違う味になる。」と
おっしゃっていました。熟成味噌の食べ比べ、してみたいですね〜。

IMG_2214
講師:滝沢静子さん(79歳)

そして、中条サポーターのためのNEWS LETTER「よ〜いと時間」ができました。
バスツアーのお知らせや、報告もこのNEWS LETTERでしていきます!
NEWS LETTER PDFはこちら:表面

bus0528-omote

NEWS LETTER PDFはこちら:裏面

bus0528-ura

第1回「手前味噌の豆をまく」

ふっくらして深みのある西山大豆を講師の静子さんと一緒に育てます。
第1回目は畑を耕して味噌となる「豆」をまきます。そして、中条のシンボルでもある
信州百名山・虫倉山(1378m)登山もあります。ここでしか聞けない
中条山岳会の山の楽しみ方を伝授。まずは中条の自然を感じてみてください。
詳細は「中条サポーター・よ〜いとプロジェクト」事務局までお問い合わせください。

開催日:2016年5月28日(土)〜29日(日)
参加費:15,000円(税込)  
    ※交通費・宿泊代・食事代・体験料などが全て含まれます。
    ※現地集合場所(長野市「道の駅中条」まで来れる方は、参加費10,000円
宿泊先:藁葺き屋根の温泉宿「やきもち家」http://yakimochiya.jp
募集定員:20名(※1)

<2016年度のツアー日程> ※各回単体で参加可能。
第1回 2016年5月28日(土)〜29日(日)「手前味噌の豆をまく」 宿泊先:やきもち家
第2回 2016年8月27日(土)〜28日(日)「枝豆収穫とジビエバーベキュー」 宿泊先:臥雲院
第3回 2016年10月29日(土)〜30日(日)「大豆刈り取り・収穫」 宿泊先:やきもち家
第4回 2017年2月4日(土)〜5日(日)「手前味噌を仕込もう!」 宿泊先:やきもち家
※第2回目の宿泊先は、700年の歴史を持つ山の上のお寺「臥雲院」に宿泊します。
※第3回、第4回の日程は変更する場合がございます。その都度事務局まで
お問い合わせいただくか、「中条サポーター・よ〜いとプロジェクト」に是非ご登録ください。

「中条サポーター・よ〜いとプロジェクト」にご登録いただくと、
里山の暮らしが体験できる楽しいツアー情報や中条のイベント等をメールでお知らせいたします。
詳細は以下「中条サポーター・よ〜いとプロジェクト」事務局まで。

<申込・問合先>
中条支所内下記・中条サポーター「よ〜いとプロジェクト」事務局まで
TEL.026-268-3003 FAX.026-268-3931
MAIL.nakajo@city.nagano.lg.jp

(※1) 最小催行人数2名様・定員になり次第、受付を終了させていただきます。
(※2) 事業の見直し・災害の発生時など参加者の安全確保ができていない時は、
     日程の変更又は中止する場合がございます。

私たちggは、イベントが重なり第1回目は残念ながら参加できませんが、
第2回目の枝豆収穫とジビエバーベキューには参加したいです。
早朝の臥雲院での座禅も興味津々!でも、自分で蒔いた「豆」で味噌作りは
最初に参加した方しか体験できないから、初回参加できる方はうらやましいです。

山の空気を存分に吸いながら畑仕事、「よ〜いと」な時間を過ごしに中条へ。
ぜひツアーにご参加くださいね◎
「よ〜いと」とは、「ゆっくり気長に」という意味の言葉なんだそうです。

さあさあ、よ〜いといっとくれ!

使い方、あってなさそう。。

ggサチコ


2016年の虫倉山開山祭と丸栗神社御柱祭へ(その2)

IMG_2002
雨予報から一転。翌日5月4日は「丸栗神社・御柱祭」。これは7年に一度のお祭りで、
どうやら諏訪大社の御柱祭(式年造営大祭)の流れをくむようです。
ある説によると、室町時代に記された「諏訪大明神絵詞」 に、御柱祭が信濃国を挙げて
行われるようになったのは、桓武天皇(在位781~805)の時代からであるというようなことも
書いてあったとか。詳しい方いたら教えて欲しいです。

7年に一度のこの御柱祭。当日の皆さんの気合の入り方と楽しみ方で
地域の方々が代々ご先祖様から受け継いできた大切なお祭りだということがよくわかりました。
とても貴重な体験をさせていただき、誘ってくださった黒岩さんと受け入れてくださった
地域の皆さんにこの場を借りて感謝いたします。ありがとうございました!!

2016.5.4
生のお囃子で踊りを踊ったり(神様に奉納)、今までお囃子は録音のテープでしか
体験したことがなかったので、、地域の方々がいろいろな役割をすることができて
すごいな〜と感心ばかり。太鼓は叩けるし笛はふける。獅子舞も出てくるし。
いやいや本当にすごい!

さて、どんなお祭りだったかというと。まず祝賀会が行われお酒が振る舞われました。
偶然にもお隣の席のおじいちゃん(91歳)が今回の御柱の1本を献木された方で
77年育てた木を納めたというお話を聞くことができました。(丸栗神社の献木は2本)

IMG_1993
里曳きといって神社まで氏子や関係者のみんなで献木された木を曳いていきます。

IMG_1979
道路には神社まで曳いた跡が残っていました。

IMG_2018
階段をあげるのがひと苦労!掛け声をかけて重い木を一段づつあげていきます。

IMG_2044
男衆の皆さんかっこよかったです!

IMG_2059
皮をむき、綺麗にします。

IMG_2078
皆でロープで引き上げて、柱を立てます。

IMG_2099

IMG_2108
総大将(名称があっているか..不明です)がハシゴで紙垂(しで)を取り付けます。
高くて怖そうですが、、さすがです!

IMG_2125
さあ、反対側のもう1本の柱も立てます。

IMG_2153
IMG_2179
社殿の左右に2本の御柱が立ったら、獅子舞が出てきて神楽奉納と踊りの奉納があり
餅まきがされ、終了となりました。
餅まきも初体験でしたが、、意外とキャチできず悔しい思いをしました。笑
ご利益をいただいたお祭り体験でした。次は、2023年ですね!

ggサチコ


2016年の虫倉山開山祭と丸栗神社御柱祭へ(その1)

IMG_1933
今年で7年目のお手伝いとなる「虫倉山開山祭・となりの村の道めぐり」へGWに行ってきました。
この季節の中条は本当に綺麗です。新緑が芽吹いた山は力強く、
緑っていろいろな色があるんだなと毎回感動します。そして、道々には可愛い春の花が咲いていて
山全体が春という季節を喜んでいるように感じます。

IMG_1862
今年もggでは「正法寺会場」にて軽トラ雑貨shopをOPENさせていただきました。
子供に「Rocca」のカードゲームが人気でした◎

IMG_1902
2016.5.3
一緒にお祭りボランティアに行ってくれた友人たちは「おやき」「おぶっこ(うどん)」
「山菜天ぷら」を今年もお手伝い。杵でついたお餅(上記写真はヨモギ入り)や、山菜の天ぷらも新鮮で
ここでしか食べられない美味しい食べ物が毎年のお祭りボランティアの楽しみにも。

IMG_2213
そして、山姥の「ゆるキャラ」ができたそうで、各会場をめぐっていました。
しかし、皆さん本当に器用!この「ゆるキャラ」手作りしたそうで、ビックリ。
名前を募集するそうですよ〜。

中条の山姥は子どもを育てた子どもに優しい山姥だそうで、
正法寺会場では子どもが手を離さず、慕っているのを見るとそんなオーラが出ているのかも?!

ggサチコ


トトロの木

DSC04438

中条には廃校になった校舎(体育館)をリノベーションした「音楽堂」という
可愛い建物があります。ここには「べーゼンドルファー」という日本に数台しかない
グランドピアノがあり、音楽会やコンサートなども開催されます。
わざわざべーゼンドルファーを弾きにピアノの練習をしに来る方もいるそうです。

そして、この音楽堂の校庭には実は「トトロ」がいるのです。
正確には「トトロ」のシルエットに見える木があるのです。
中条は、本当にトトロがいてもおかしくないくらい自然豊かな里山です。
この「トトロの木」は地元の方が知っているかはわかりませんが、
東京から一緒に遊びに来た友人が気づき私たちの間では有名で、
初めて中条に遊びに来た友人たちを必ず案内する名所になっています。

さて、いよいよ5月3日は恒例の「虫倉山開山祭」です。今年は7年に一度開催される
「丸栗神社の御柱際」も次の日の4日にあるそうです。どんなお祭りなのか楽しみです!

ggサチコ


冬の中条

DSC03322

今年の冬は中条に行けそうにありませんが、
昨年はインタビューのために初めて雪の中条へ行ったことが思い出されます。
雪がたくさん積もっている中条では、動物の足跡を沢山見ることができて驚きました。
こんなに沢山いるんだなと。冬でしか感じられない中条でした。
そしてガードレールのない山道では、道の境目がなくて
車の運転がなかなか難しかったです。

ただ、外は雪で暖かい部屋のコタツに入ってみかんを食べたのは
初体験だったかもしれません。これぞ冬という体験でした◎

ggサチコ


今年もしめ縄を取り替えるお手伝いをしてきました

DSC05355

紅葉で山の木々が色鮮やかになり、色々な色が彩る秋の山もとても綺麗です。
11月15日は「大内山神社」の鳥居やご神木である杉の木のしめ縄をかえる日。
お手伝いをはじめて今年で3回目となり、
ななちゃん&シュウちゃんと私(サチコ)の3名で先日中条へ行ってきました。

DSC05356

お手伝いと言っても逆に教えていただくことがたくさん。
昔の話や歌を聞かせていただきながら、しめ縄の「ひげ」を切り、
山道や本堂の掃除をするといささやかなお手伝い。
こういった行事が昔からずっと行われていて全国の色々なところでも知られていない行事が
たくさんあるのだと思うと、どうやったら残せるのだろうと改めて思ってしまいます。
知らないうちになくなってしまうのではなく、
少しでも誰かが知る機会が増えるといいなと思います。
きっと自分の生まれた故郷でもあるのだなと考えさせられます。

こういう行事や行いがあったという記録を少しでも残したいという静子さんの願いも
引き続きお手伝いしていきたいです。
通えば通うほど、いろいろな知らないことを教えていただける機会を
いただけていることにも感謝しています。しめ縄の行事は、女人禁制だったそうですから。

DSC05358

今年はシュウちゃんが杉の木にしめ縄をつけるお手伝いもしましたが
高いハシゴに乗ってつけるのはとても怖そう。中条のおじいちゃん達はスイスイ。
慣れはあると思いますが、皆さん元気です。また来年も来たいです。

そういえば、しめ縄は七五三の合計15本を飾ると教えてもらったのも
この行事のお手伝いででした。調べてみたら、しめ縄は「七五三縄」ともいうそうで
なんだか納得。

◎神祇辞典(大正13年東方出版)
……..各社古来の慣行によるものもあり七五三のしめの子を
七は天神七代の形、五は地神五代 三は三貴子に象ると云ひ、七五三は併せて十五也、
天道は十五にして成る也、 など言へるもあれど、神道名目類聚抄に、
或説曰縄は正直の儀、端を出すは質素の體なり、、、
七五三等の数の事は、後人の附會なりと云へるを信ずべしとなす。

なんだか、難しひ也。。

ggサチコ